Home > スポンサー広告 > ナイチンゲールの沈黙 by 海堂尊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://cryforjoy.blog106.fc2.com/tb.php/81-a7f29ce4
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Cry for Joy!!

Home > スポンサー広告 > ナイチンゲールの沈黙 by 海堂尊

Home > 本・音楽・スポーツとか趣味的なこと > ナイチンゲールの沈黙 by 海堂尊

ナイチンゲールの沈黙 by 海堂尊

なぜか以前書いた「アフリカン・レポート」の日記が消えていたので、これがカテゴリ「本」の1つ目になります。

大学2年の頃当たりから本が好きになったのでまだまだ初心者ですが勝手に感想述べていきます。


ナイチンゲールの沈黙ナイチンゲールの沈黙
(2006/10/06)
海堂 尊

商品詳細を見る


まず、言いたいことがあって、僕この人の小説好きです!

今までずーっと読んできた伊坂幸太郎よりも多分海堂さんのほうが好きですね。

ジャンルは東野圭吾のようにドキドキハラハラの本格ミステリーというわけではなく、ほんわかミステリー(あっているのかこの表現?w)
でもところどころ、クスクス笑える場面が好き。
この本で言えば、バッカスの会会長をめぐる厚労省のエリートvs小学生のやり取りとかねw


ストーリーは・・・
眼球を取り除かなければなければならないほどの難病を抱える少年、瑞人。
その父親は息子の手術承諾書に全くサインをせず、働きもせず、酒におぼれるダメ親父。
そんなある日、その瑞人の父親が自宅で殺害される。

そこで、警察庁からのエリート、加納と厚労省のこれまたエリート(兼変人)、白鳥が事件を解決する雨に現れる。

瑞人と天性の歌唱力を持つ看護師、浜口が事件の容疑者となり話は展開されていきます。




先の展開やトリックが見えてしまって、僕が好きなドッキリはあまり出てこなかったけど、事件の真相の暴かれ方は好きだったなー。
でも、浜口の歌唱力とかちょっと現実離れしすぎていて、うーんと頭をちょっとひねらざるを得ないかな。
やっぱり、「チームバチスタの栄光」には及ばないのか?

でも、この人のほんわかとした書き方は読みやすくて、僕にあってるのかも。
個人的には書き方は伊坂幸太郎と似ている感じはするんだけど、さっき言ったように海堂さんの鵬が面白い。

早く、「ジェネラルルージュの凱旋」文庫化されないかなぁ~~?
それかもう買ってしまうか?w
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://cryforjoy.blog106.fc2.com/tb.php/81-a7f29ce4
Listed below are links to weblogs that reference
ナイチンゲールの沈黙 by 海堂尊 from Cry for Joy!!

Home > 本・音楽・スポーツとか趣味的なこと > ナイチンゲールの沈黙 by 海堂尊

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。