Home > スポンサー広告 > ドキュメンタリー映画「911の子どもたちへ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://cryforjoy.blog106.fc2.com/tb.php/173-ca15ab96
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Cry for Joy!!

Home > スポンサー広告 > ドキュメンタリー映画「911の子どもたちへ」

Home > 日記 > ドキュメンタリー映画「911の子どもたちへ」

ドキュメンタリー映画「911の子どもたちへ」

  • Posted by: Da
  • 2010-04-04 Sun 09:38:24
  • 日記
昨日、学生たちだけで製作されたドキュメンタリー映画「911の子どもたちへ」を観てきた。

世界に衝撃を与えた911事件は実はアメリカ政府が仕組んだものではないのか?
そして、平和とは何か?

その2点を問うドキュメンタリー。


学生ドキュメンタリー映画「911の子どもたちへ」予告編


「本当の真実というものはいつでも真実らしくないものだ。
真実をより真実らしく見せるためには、どうしてもそれに嘘を混ぜる必要がある。
だから人間はつねにそうしてきたものだ。」by ドストエフスキー

正直、911の首謀者は誰かという問題には様々な見解があるが、僕にはわからない。
こればかりはアメリカ政府の当事者になってみないと、自分が何を言っても説得力がない。
本当にオサマビンラディンの仕業かも知れない。
ただし、アメリカ政府の仕業ではないかという物証いくつか挙がってきているのも事実。
いずれにせよ表面的なことしかわかっていない自分が悔しい。


そして平和とはなんだろう?
これはずっと考えているテーマ。
戦争が無い状態が平和なのか?
そして日本は今平和なのか?

戦争は無くなるべきだが、争いはなくなるべきなのか?
いや、争いは存在すべきだろう。
人々は争いともに成長できるのだから。
映画の中でも言われていたけど、同じ争いでも手段が
「武器」か「話し合い」かの違いで今平和なのかどうかわかる気がする。
だからといって、日本が平和とは簡単にはいえないが。



その他、印象的だった言葉は下記の通り。

・日本人の貯蓄は間接的にアフガン、イラク戦争のミサイル製造に浪費された
(つまり日本人は間接的な戦争の加害者)
・大学生は戦争や平和にもっと興味を持たなければいけない。なぜなら学生は兵士になる適齢期だから。しかし、日本の学生は兵士になるというリアリティを持っていない。



世界のことを知れば知るほど頭の中がグチャグチャになる。
自分の頭の悪さにイライラする。

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://cryforjoy.blog106.fc2.com/tb.php/173-ca15ab96
Listed below are links to weblogs that reference
ドキュメンタリー映画「911の子どもたちへ」 from Cry for Joy!!

Home > 日記 > ドキュメンタリー映画「911の子どもたちへ」

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。