Home > 2009年09月

2009年09月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

六大学野球

いい曲です。
映画「20世紀少年」の中で、ともだちに支配された世界で人々が心の支えとして聴いていた曲。
映画第3章の最後で、この曲を歌うシーンを感動したなぁ。




映画の中でケンジが歌っていた曲の原曲がこれみたい。
ちなみにケンジの歌はこれ
ちょっとカッコよくなってるね♪






あ、どうも。
お久し振りです。w
久々なブログです。。。


今日、六大学野球野球見てきたよー。
いわずも知れた、早稲田、慶応、立教、明治、法政、東大の6校が争うリーグ戦。
今日観戦したのは早稲田vs明治、慶応vs法政戦。

1300円を払って案内された席からこんな風に試合が見れました。

2009092713330000.jpg

めちゃめちゃいい席でしょ?
バックネット裏ってこんなに見やすいんだねぇ。
大学野球はプロに比べてかなり安い一方で、結構なレベルの野球を見れるからいいね☆


試合も結構白熱して面白く、一塁側・三塁側の席にも隠れてお邪魔してみました☆

IMG_1544.jpg

IMG_1547.jpg


そこで、注目したのが各校の応援のすごさ。
もちろん、応援団やチアリーダーの頑張りもあるんだけど、それ以上に観客(おそらく各校の生徒とOB)の一体感がすごい!!
若い人から年配の方、男性から女性までみんなからだをはって踊って、大声出してと母校をものすごく応援しているのです。
自分が好きなプロ野球チームでも皆あんなに一緒になって応援することないと思うのに、やっぱり自分の学校ってゆうものには何がしかの誇りとかあるんだろうね。
僕も、我がN大学をバカにされるとイラっとするときあるしね。
(でもあんなに体を張って叫ぶことができるかどうかは怪しい。。。w)

とにかく、ひとりだと絶対にあんなことできない気の弱そうな人も含めてみんなめちゃ「倒せ倒せ、法政!!」などと叫んでてすげーと思った。


全体主義って現代の世の中に起こりうるのか?というテーマで、最近ちょっとファシズムについて考える機会があったんだ。
僕も最初は今の世の中でヒトラーやムッソリーニに代表される全体主義なんておこるわけないじゃんって思ってたけど、今日のあの応援の一体感を見ると人って案外簡単に全体主義に組み込まれちゃうかもなって思ったりもした。

母校を真剣に応援する人は、その母校の勝利を目指して一体となって突き進む。
ただ僕みたいなその学校と関係ない人たちは、何であそこまで熱狂的に応援するんだろうと理解できない。

当時のナチスも、反ユダヤ主義に向けて一体となって突き進む。
ただ、周辺諸国は何やってんだ?と呆れている。

ナチスとかと比べるにはレベルが違うかもしれないけど、今日のあの応援も立派な全体主義だなぁと思った。
そして、人間ってちょっと恐ろしいなと思った日でもあったかな。


というかこんな堅い話じゃなく、大学野球がどんなに面白いかを伝えたかったんだけどなぁ。。。w
ま、いーや。

今度早慶戦見にいけたらイイなぁ~。

Because I am a girl.

東京に来てよかったことはいくつかあるけど、その中の1つが国際協力イベントに参加できること。

名古屋で生活していた頃、東京で行なわれるたくさんのイベントに参加できなくてやきもきしていたものです。
交通費とかの関係で、そんなに頻繁に行けなかったもんね。

東京に来てようやく落ち着てきたここ最近、そろそろ活動し始めてます。
実は前にもある団体のアフガニスタンの活動報告会に参加したりもした。

そして、今回参加したのはプランジャパンが主催して行われた「Because I am a girl」という映画上映会。
発展途上国の女の子の問題を取り扱った短編映画9作をまとめて上映されていました。




上の動画は、上映会の最初パートで流された映像。
その他の短編集は一部、youtubeの中でも公開されているようなので興味があれば見てみてくださいな。

非常にネガティブな作品が多く、胸が痛くなり考えさせられることが多い中、印象的だったのが自ら立ち上がり現状を打開しようとしている現地の女性たちがいること。

個人的な考えとして、厳しいことを言うかもしれんけど、現地の人は「私たちはかわいそうなんです。助けてください。」って言ってるだけじゃ貧困は変わらないと思うんだよね。
今の世の中、たくさんの人たちが貧困に苦しんでいる人たちをたくさんの人たちが活動しているけど、大事なのは苦しんでいる本人の気持ちだと思うんだよな~。


youtubeの動画では途上国の性差別の一部が垣間見れると思います。
ぜひご参考あれ。



そして、伝えるという点でもう1つ。

アメリカのNGOに所属していた時に知り合った友人ケイがザンビアの子供たちのために仲間とともに学校を建設しています。

詳しいことは下記の彼のHPを参考にしてください。
「ザンビアに学校を建ててみる」

現在、募金も募集しているそうです。
興味ある方は彼の活動も応援してあげてください☆

Index of all entries

Home > 2009年09月

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。