Home > 2009年03月24日

2009年03月24日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「僕は何か持ってますね。」

もうあなたマジで天才です。
なんであの場面で期待通りのタイムリーを打てるのか・・・。

すばらしい!!
サイコー!!!
すげぇ!!!!
僕の日本語能力ではイチローを的確に形容する言葉が見つかりません。



やっぱり最後にはヒーローがおいしいところを持っていくんだなぁ。
マンガのクライマックスに出てきそうなシーンで期待通りのバッティング。
天才だなぁ。


決勝は日本VS韓国。
この両チームは準決勝まで6勝2敗。
実は今大会ではこの決勝の相手以外には一度も負けていない。
しかも日本と韓国の対戦成績は2勝2敗。
まさに決勝戦にふさわしい組み合わせ。

僕も2ラウンドの決勝で韓国に勝ったときこんなシチュエーションになったらかっこいいなって思ってたんだけど、まさにそのままのシチュエーションに。


そして、その決勝戦も、まさに決勝戦にふさわしい1点を争う好ゲームに。
常にドキドキさせてくれる試合だった。

岩隈の好投。
内川のファインプレー。
中島のタイムリー。
その他諸々、両チーム間で本当にすばらしいプレーが飛び交った。


でも、そんあこうプレーをすべて忘れさせるほどのイチローの決勝打。
9回の裏に追いつかれた日本は、10回の表に何とかチャンスを作った。
代打の川崎が最悪の内野フライに終わった後に、打席に立ったのは大本命・イチロー。

ここで打ったら本当のヒーロー。
これまで不調、不調で結果が出ていなかった彼。

世界中の視線がイチローに集まったあの場面。
あのプレッシャーは半端ないでしょ。

でも最後はやっぱりやってくれました。
センター前のクリーンヒット。2点タイムリー。

あの大舞台の決勝の大一番で打席が回ってくるだけでも運命を感じるのに、そこで期待通りのタイムリー。




インタビューで、その打席のことを聞かれたとき、イチローはこう答えてました。

「僕は何か持っていますね」

イチローが言うと、嫌味なくむしろ最もだt感じさせます。

かっこつけてるけど本当にかっこいいんだもん。



僕はこんな天才肌の人、好きです。

天才肌といえば松坂もそうかな?
一握りの人しかもっていない何かを持っている人。
松坂からそれを感じたのは、横浜高校時代の夏の甲子園の準々決勝以降の3試合。
ま、またそれは別の話。


サムライジャパン、本当におめでとう!

今回はサムライっぽいってことでこの曲。

supernova by 9mm parabellum bullet


Index of all entries

Home > 2009年03月24日

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。