Home > 2009年01月

2009年01月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

テストも終了!

  • Posted by: Da
  • 2009-01-31 Sat 01:23:38
  • 大学
昨日はゼミの飲み会。
ずっとお世話になった先生に会える最後の機会だったし行ってきた!
印象的だったのは、その店。
席についてもなんの店員から何のリアクションもない。
仕方ないから飲み放題のメニューもらえませんか?って聞いたらすぐにくれた。
1枚のメニューを。
11人もいるのに1枚のメニューを。

さらに、普通ならサラダとか最初に出てくるのに出てきたのはでっかい鍋。
いきなりコースのメインから登場。
しかもコンロは3つあるのに出てきたのはふたがないでっかい鍋たった1つ。
コンロは点火され、ぐつぐつ煮込まれるたった1つの鍋。

皆メチャメチャ腹減っていたうちら。
目の前で鍋がグツグツと出来上がるのを待つのにも我慢の限界が来たので、店員さんにメニューをコピった紙を見せながら「他の料理はまだですか?」って尋ねたら、
「順番に出てくるとは限らないんだよ。」
となぜか強気のコメント。
いやいや、メインから出すコースなんて聞いたことないよ。。。

隣の部屋では他の団体が飲み会をしていた。
店員さんが、半分だけ開いていたふすまを何やらガタゴトと動かしていたので、閉めてくれるんだぁ。気が利くじゃん♪って思ってたら、
なぜかふすまを全開にするその店員。
いやいやいや・・・。

突っ込みどころ満載で面白い店だったよーww
また行こうかなw


まぁそんな面白いお店で飲み、結局酔っ払ってしまって昨晩やる予定だったレポートが出来ず。
その分今日は必死にやったよー。
大学での印刷制限枚数を超えてて近くにいた全く知らない人に紙をもらったんだけどね。

あと、ポルトガルのテストも終了!
ありゃ撃沈だわ。


ここまで来たらあとは卒業という朗報を待つのみ!
頼むから卒業させてくれー。
昨日の決算で売上2兆5000億円を2兆1500億円に、純利益650億円をまさかの89%減の100億円に下方修正したけれども入社はしたいんで。
多分卒業は大丈夫だろうなぁと楽観はしているけど、世の中何が起こるかわからんからね。


ま、テストが全て終わった今、あとは遊ぶだけ。
学生最後の休暇を満喫してやるさ。
とゆうわけでその第一弾がバリ。
月曜日から土曜日まで行ってきます。
スーパーボウルが見れないのが残念だけど、めちゃ楽しみです♪
その後も、沖縄・宮古島とかボードとか、友達の別荘行ったりとか、温泉とか色々計画してます。

さぁ、遊ぶぞーーーー。

奇跡の復活!!



2009年初場所優勝決定戦 白鵬対朝青龍
(動画では始まってから4:00頃に実際の立ち会い)

場所前はあれほど心配されていたのにふたを開けてみると14勝1敗での優勝。
本割で白鵬に負けた相撲はいただけなかったけど、優勝決定戦では素晴らしい相撲!

白鵬を寄り切ったときの朝青龍のあの心から嬉しそうな笑顔が忘れられません。
ここまで本当に苦しかったんだろうなぁ。
あんな笑顔をいつか自分もしたいな♪

朝青龍の相撲を見ずに朝青龍を批判するだけの人は多いけど、彼の相撲は本当にワクワクするんだよ。
あの人の相撲は、確かにうまいし、それ以上に気迫で相撲を取るっていうイメージがあるんだよ。
取り組みが始まる前に、力いっぱい回しを叩いて気合を入れる姿はしびれモノ☆
まぁ、確かに自業自得でマスコミに叩かれてるってのもあるんだけど、ちょっとマスコミも騒ぎすぎじゃないんですかね?と思います。
ただ、朝青龍のダメなところは勝負が決まった後に手を出してしまうところですね。
あれだけは見ていてもイラっとしてしまいます。


この優勝で白鵬時代になりかけてた大相撲も、朝青龍が復活して益々面白くなりそう!
まぁ、横綱の2人と他力士の差は歴然ですけど、白鵬の1人勝ちの場所ばかりになるよりかは全然マシ。
それに、この2人に刺激を受けて他力士が力をつけてどんどん横綱の足元を脅かせてほしいな。
ま、その先頭を行くのが僕の大好きな日馬富士だと思ってるんですけどね。
今場所は前半足が良くなくてやばかったけど、後半は本来の相撲が戻っていたし白鵬に土をつけたし来場所に期待!

もう1つ相撲の動画。


去年の初場所の千秋楽。
最強の横綱同士、力比べの大相撲。
この引きつけあいは見物です!
どちらかというとこっちの取組の方が見てほしいな。

「全てがFになる」 森博嗣

一昨日の朝に熱が39度近くまで上がり、インフルエンザを心配して医者に行ったが単なる風邪。
熱もその日のうちに下がり最悪のケースは免れましたが、バイトを2日も休んでしまいました。
すいません↓
やっぱ年末から続いた咳を放っておいたのがダメだったのかな?卒論とか色々やることあって夜更かししてたしね。




さてさて、そんな風邪になりながらも夢中になった小説。

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)
(1998/12)
森 博嗣

商品詳細を見る



本の虫である友達からもの凄く勧められたこの小説。
ミステリー好きにはたまらない作品じゃないですかね?

N大学(おそらく名大)の助教授・犀川とその生徒・西之園萌絵シリーズの第1作目であり、森博嗣の処女作でもあります。


ストーリーは・・・

犀川と萌絵はゼミ生と共にある島にゼミ旅行へ行く。
その島はある天才博士・真賀田四季と50名ほどの研究者が住む最先端セキュリティが施された研究所とキャンプ場しかなく、外部との連絡は通信以外ない。
そこで、ひょんなことから犀川と萌絵が研究所の中に入っていき、真賀田四季と所長が殺される。

過去にやはり天才科学者であった両親を殺した真賀田は、普段から密室に閉じ込められており、外部との接触もほとんどなかった。
また、真賀田の部屋に出入りする人やものは全て記録されていた。
しかし、誰も入った形跡のないその部屋の扉からいきなり真賀田の不気味な死体が登場をする。
その直後、研究所はメールや電話を受けることはできるものの、一切送信をすることができなくなる。
そして、外部との連絡を取ろうとした所長が無残な姿で見つかる。

犯人は、研究所の監視カメラに一切映ることなく研究所内を移動し、殺人を行なった。
犀川と萌絵はその事件の真相に挑んでいく。




この謎を解くテーマは「トロイの木馬」。
ミステリならではの謎がわかった時のスカッとする爽快感を得られます。


そして、キーマン(キーウーマン?w)は天才博士・真賀田四季。

僕は漫画でも何でも、「天才」と呼ばれる人物が主人公である作品が好きなんです。
テニスの王子様とかH2とか。(まぁ、テニスの王子様はやりすぎだけど・・・)
いきなり殺されちゃうけど、この真賀田四季は僕が好む天才ですね。まさに。


内容は理系的で、コンピュータ専門用語がちょいちょい出てきて疲れるかもしれんけど、読み終わったときの充実感はすばらしい☆
最後の最後まで読者を驚かせてくれます♪♪♪


このシリーズの次を早く読まねば!!!!



あ、初夢に出てきたオバマ大統領就任おめでとうございます。
僕の初夢を縁起のいいものにする意味でも世の中をいい方向へ引っ張っていってくださいね♪

卒論終了!!

  • Posted by: Da
  • 2009-01-20 Tue 02:27:59
  • 大学
よーやく終わりました。卒業論文。

去年の9月頃から本気で取り組んで提出前日になんとかギリギリ出すことができました。

テーマは「南部アフリカにおけるHIV/AIDS研究 -南部アフリカに被害が集中するその原因とは-」

HIV患者の大多数が南部アフリカに存在している現在。
なぜこの地域にHIV患者が集中しているのだろうか。
どの本を読んでも抽象的な答えになっているだけで、明確な答えが得られない。
でもその原因がわかれば、今後HIV/AIDS政策をより効率的に進めることできるのにな・・・。

ならば!
というわけで、僕独自の考えでその原因を追究してみました。
詳しい内容を知りたい人は僕が熱弁してあげます。


内容はどうあれ自分なりに納得するまでやったんでいいでしょう♪





そして、今日はもう卒業して現在社会人Mさんに会った!
やっぱ、社会人と話すともの凄い刺激になるね☆


ちなみにこれが100番目の日記。
結構続いてるなぁ~♪
ちょっと音楽や世間のカテゴリーが少ないのでこれからはもうちょっとそれらに関するブログも書いていこうっと。

夢に振り回され・・・

夢って時には残酷なもので。

思い出したくないことや考えたくないことが登場し、いろいろ悩ましてくれる。

最近、考えないようにしてた現実が今日登場。

自分の意志で下した判断だったけど、今になっても尾を引いている。

あれでよかった。

少なくとも最近はそう思っていた。それで幸せだった。

でも、今日その夢を見たとき、その意志がぐらつく。

人生で起こるすべてのことには意味がある。それを良い意味にするか悪い意味にするかは自分次第。

あの決断にも何か意味があったのだろう。

それはこの先わかるはず。と自分に思い込ませる。



逆に、夢は現実ではありえない設定の内容があったり、笑わせてくれたりもする。

この前は弟が豊田通商に就職する夢を見たw

他にも面白い夢がたくさんあったんだけどもう忘れたw


嫌な夢はいつまでも忘れないのに、楽しい夢はすぐ忘れる。

夢って何なんだろうねぇ?

いいものはいい。

どっかのCMじゃないけど「いいものはいい」ってよく言われます。
世代を超えて愛される絵画や歌手が亡くなっても人々に愛される歌とかさ。

そして、僕の場合は本。
今回読んだのはアガサクリスティの「Murder on the Express(オリエント急行殺人事件)」

Murder on the Orient Express (Hercule Poirot)Murder on the Orient Express (Hercule Poirot)
(2001/06/04)
Agatha Christie

商品詳細を見る


おそらく本のタイトルは皆知っていると思う。
それくらい有名な作家の有名な小説。

内容は、雪で立ち往生したオリエント急行で乗客が1名が殺害される。
容疑者は同じ車両に乗っていた12名。
そして、そこに偶然居合わせた名探偵エルキュール・ポワロが事件を解き明かしていく。
被害者を調べるにつれ、被害者の暗い過去が判明し、事件解決に大きなヒントを与える。
だが、乗客の取調べをどれだけ行なっても、なんら手がかりをつかめずポワロは頭を抱える。
そこで、ポワロは乗客らのある共通点を見出し、事件は急展開を迎える。
そして、最後には予想だにしない犯人が浮かび上がっていくという作品。


アガサクリスティーの作品は他にも「The ABC Murder (ABC殺人事件)」と「And Then, There were none (そして誰もいなくなった)」を読んだけど、オリエント急行殺人事件が一番面白いと思った。
推理小説!て感じの一冊だし。(ちなみに、And then there were none,はちょっと不気味な作品だったなw)
それにこの3冊の中で英語が一番読みやすかったような気もする。


この作品、初版が1934年でなんと75年前。
75年経っても人々に愛される作品なんてそうたくさんあるもんじゃない。
まさしく良いものはいい。
そいえば、僕が本を読み始めるきっかけになったのがトマス・ペインの「コモンセンス」。
これにいたっては初めて発行されたのが1776年。
アガサクリスティもびっくりだねw




次のいいものはこれ。




ご存知、ラベル作曲のバレエ音楽「ボレロ」
タイトルは知らない人もメロディを聴けば絶対わかると思う。
ちなみに上と下の動画で1曲となっています。

オーケストラとか管弦楽とかそんなのまったくわからない僕もなぜか引きつける。
そんな魅力のある作品。
僕のような素人にでも虜にしてしまうところに「いいものはいい」が隠されているのかもね。
と、ちょっと前に安藤美姫がこの曲で演技しているのを見てそう思った。

マンディオカ



「キセキ」 by Greeeen
この曲めちゃめちゃいいよねぇ~。
ただなぜかPVを貼り付けられなかったのが残念。
あのPVもいいんだけどな・・・。暇があったらYou Tubeでチェックしてみて。




今日、ポルトガル語の授業で先生がふとマンディオカの話をしていたから懐かしいなぁと思った。
モザンビークではよく食べてたからなぁ。

コピー ~ IMG_0323

ローレンソ(写真の彼)が今まさに掘ろうとしているのがマンディオカです。



コピー ~ IMG_0327

収穫された後のマンディオカ。
手の中にあってわかりにくいわかりにくいかもしれないけどさ。

現地の人にとっては主食の1つであるマンディオカ。
表面の皮をむいて食べるんです。
中は白くてイモみたいです。(今日先生が言ってたんだけど、これが俗に言う「タロイモ」らしい)
生でそのまま食べてもいいし、蒸してもよし!
生で食べると好き嫌いあるかもしれないけどね↓
ちなみに生マンディオカは嫌いではないけど、たくさんは食べれない僕でした。
このマンディオカの葉を使ったマタパっていうアフリカの伝統料理はめちゃめちゃおいしい☆★

モザンビークでは道端で売り歩きしている子供たちがたくさんいたなぁ。


と、そんなことを思い出してた今日この頃。

思い出してついでにもう1つ。
写真の彼が着てるセーター。
実はオランダの郵便局がうちの団体に寄付してくれたもの。
彼だけじゃなく、プロジェクトワーカー全員に配布されました。

その結果はこう。

コピー ~ IMG_0157

セーターが着ている皆が囚人に見えるのは僕だけでしょうか?w
皆本当はいい人ばかりなんですよ。




今日、友達にこのブログを絶賛されました。
あまりにいきなりすぎてびっくりしたけど、素直に嬉しいです。

自分の考えや行動を残すために始めたブログ。
今後も僕らしく素直に書いていきます☆

遅い!!!!

私、基本的にマイペースな性格と自負しております。

そのせいで周囲にはいつも色々迷惑をかけ大変申しわけないと思っております。。。



中でも僕のマイペースを象徴する代表例が食べるスピードの遅さ。

今日、友達と一緒に昼ごはんを食べてた時、僕は一番最初に食べ始めました。
5分ほど遅れて2人の友人も着席し、食べ始める。

箸を進めながら、僕たちは楽しいひとときを送る。

そして、13:15頃。
そう、授業開始15分前のこの時間。
皆は当たり前のように、食器や荷物を整理し教室へ向かおうとする。

そんな皆を見ながら僕は1人心の中でこうつぶやく。
「おい、ちょっと待て!」

そう。皆が10分以上前に食べ終わっている中、僕は未だに1人黙々と食べ続けていたんです。

もう皆からブーイングの嵐。。。。
「まだ食べてんの?」
「遅っ!」
終いには、
「もう1人で食べとって」
とまで言われる始末。


何でこんなに食事のスピードに個人差が出るんだろう?
一説によると、家庭における食事のスピードが影響しているみたい。
まぁ、うちの家族が仲良くて食べながら話し込んでしまって時間がかかるってことなんですかね?w

それに食べるのが遅いと、咀嚼が多くなって体にもいいし太らないってゆーしね♪
(ちなみにこの「咀嚼」という言葉は去年友人から教えてもらったNew Wordですw)


仕事始めたらちょっとはスピードアップするのかな?
就活のとき、俺働き始めてから食べるのめちゃめちゃ早くなったって人いたし。
でも多分、僕の食事のスピードはもう変わらないんだろうなという気もする・・・。

というわけで、これから一緒に食事をするだろう友人諸君、これからもご迷惑をおけかけいたします。
先に謝っておきますw




今、バイト先の支配人がマレーシアで買ってきたお土産を買ってきてくれたんだけど、、、まずい。。。
そのお土産が、アップルパイならぬドリアンパイ。
ドリアン初めて口にするけどまずい・・・・。
口の中が今臭くてしょうがない↓↓↓
何でこんなものがフルーツの王様ってよばれているんでしょうねぇ?

探せばあるもので・・・。

久々に何の予定もない日でした♪
こういう日もたまにはいいよね☆
まぁ、銀行手続きのためにわざわざ名古屋に行かないといかなかったけどね。
なんでうちの回りにSMBCはないのでしょうか???



まぁ、そんなことより今日の話題。

世の中にはいろいろな会社があります。
例えば。。。
車や家電製品をを作る会社もあれば、雑誌を編集する会社、スポーツ器具を製造する会社、飲食店、ハンコ屋、おしぼりを貸す会社や葬儀屋などなど。
社会は様々な人やモノによって作り上げられているので当然です。

でもその中でもあまり人に知られずにひっそりと生き残っている会社業界もあるのも現実。
僕が関わるだろう電線業界もその1つ。

僕がよく経験している友達との会話
友 「結局どこに内定もらったの?」
僕 「電線作ってる会社だよー。」
友 「・・・・・へぇ~。・・・・すごいね!」

こんな感じ。
絶対すごいと思ってないのに、とりあえず「すごい」と言っておけ的な雰囲気。

実際はみんな大してよくわかってない。
当然といえば当然かな。
普段、当たり前にありすぎる電線。
だからこそ電線を作ったり売ったり買ったりするという考え方をあまり皆は持っていない。
実際に僕も今の会社に出会う前はそうだったし。

そんなわけで電線業界というのはものすごーーーーーーーーーーーーくマイナーな業界なんです。
実際、就活でもほとんど人気ありません。
雑誌とかニュースにもほとんど現れてきません。


だけどね、そんな現実があるにもかかわらず僕はすごいものを作ってる会社を見つけてしまったんです!!


その商品とは!


・・・・・


・・・・・



「電線新聞」



です。



すごくない??
ただでさえマイナーな電線業界
それなのに、それに特化した新聞を作るこの会社。


なんとこの会社、電線新聞一筋50年。
他にも光通信に特化した雑誌をやってるみたいだけど、メインは電線新聞みたい。

まぁ、電線を製造する会社は他にもいくつかありますよ。
でも、電線新聞ってあんた・・・。

オイルショックが起ころうとも、ベトナム戦争が勃発しようとも、バブルが崩壊しようとも、リーマンブラザーズが潰れようともひたすら電線をテーマに書き続けてきた彼ら。
しかも、毎週発行してるみたい。
よく話題尽きなかったな・・・。
でも、バックナンバーを見てみるとたまに2週合併号が出てる。
やっぱ、もう今週無理だから一緒にしちゃえ!!みたいな週もあったんだろうね


それにしても、これまで長いこと続けてきた彼らのプロ意識は尊敬に値します。
だけどね、最初にウェブ上でこの電線新聞を発見したときは、あまりのマイナーさに失礼ながら驚きと笑いが一緒にこみ上げてきてしまいましたw


HPから電線新聞の紹介を転載します。

「1956年4月創刊以来、電線業界唯一の専門紙として、同業界のビビッドな動きを公正に報道するとともに、電線関連の機械メーカー、素材・材料メーカーの動向にも、きめ細かく対応。読者層も国内のメーカー、流通業者、商社、銀行、証券等の金融会社、官公庁等のユーザーはもとより、海外関係は特に中国、韓国、台湾、欧米など幅広く及んでいます。」


突っ込みどころもあるけど4月から読むと思いますのでよろしくお願いします。


ただ、2009年は電線需要は100%マイナスになるんだとか。。。
大丈夫か、おい。


電線新聞の詳細はこちらを↓
電線新聞

2009年の初夢

  • Posted by: Da
  • 2009-01-03 Sat 01:38:54
  • 日記
元旦から2日の夜、今年の初夢を見た。

登場人物はオバマ次期米大統領。

設定は、確か僕が居酒屋で働いてて、僕の同僚がオバマさん。

オバマさんはお客さんに何かいい話をしていたみたい。
Yes, we can!とでも言っていたのか。

でも最終的にはその居酒屋に奥様らしき人が出てきてオバマ夫婦が涙を流しながら悲しんで抱き合ってた。

全く意味わからない初夢。。。。


今年はどんな年になるのだろうw



ちょっとブログのテンプレートを変えてみました。
Simple is the bestということで♪

そして、アクセスカウンターも今年はつけちゃいます。
皆どれくらい見てくれているのかチェックさ☆

総括2008

遂にやってきました2009年。

なんか20世紀が終わるー!Y2K問題だー!て言ってた2000年がまだ最近な気がするのに。
1999年とかがまだまだ数年前に感じるのは僕だけでしょうか?


さてさて2008年はどんな年だったのか?
振り返ってみると、やっぱり一番頑張ったことは就活かな?
自分のことを一生懸命考え、苦しくって、でもそんな刺激的な日々がちょっと楽しくって・・・・。
でも就活を通して成長はできたんじゃないかと思ってる。
少なくとも自分の将来のビジョンが明確になってきたことは確か。
人間には必ず目的や目標というものが必要だと僕は思ってるんだけど、そんな目的が明確にわかったことは大きいんじゃないかな。



そして今年何が一番大きかったって「考える」ことが多くなったこと。
よくボランティア経験者に「日本に帰国してから皆さらに成長するんだよ」って言われてた。
僕もその多分にもれずそうだったんだと思う。

アフリカにいた頃は苦しくても前に進むしかないから突っ走っててそのときの意味とか考えずにがむしゃらにやってた。
そして帰国してからアメリカやニカラグア、アフリカで自分がやってきたことについて考えるようになった。
本当にどの経験が欠けても今の自分は存在しないと思う。
あの経験で学んだ自信と責任感、成長の喜び、そして自分の無力さは今の僕の大きな財産になっている。
アメリカでの苦悩と喜び、ニカラグアでの失敗、そしてアフリカでの苦悩と大きな喜び。
特にアフリカでの喜びが僕に与えた影響大きい。
その喜びを得ようとする向上心は今後もどんどん上げていきたい。


そして就活を通して将来について深く考えることができた。
自分のことを一生懸命考え、苦しくって、でもそんな刺激的な日々がちょっと楽しくって・・・・。
でも就活を通して成長はできたんじゃないかと思ってる。
少なくとも自分の将来のビジョンが明確になってきたことは確か。
人間には必ず目的や目標というものが必要だと僕は思ってるんだけど、そんな目的が明確にわかったことは大きいんじゃないかな。


そして、そんな経験を通して今自分に足りないものは何かを考え、補うようにしてきた。
その中で、一番足りないもの。
それは論理的思考能力。まぁ、要は考えて話すこと。
今までの僕はただまっすぐ思いついたことを話したり、論理的な考えを全くしていなかったなって反省。人の話を聞いてないときも多いしねw↓
だから、これから社会人になる上で考えて話すってのはとても重要でそこを伸ばしていこうと頑張っている最中。
進歩は全く見られませんが・・・w



あと、世界を周ったからなのか世の中のことを知りたくなった。
いつかのブログに書いたと思うけど、とにかく勉強がしたい。
だから和書・洋書問わず色んな本を読んだり、経済新聞なんかも読んじゃったり、美術館や博物館も訪れたりしてます。
昔だったら、歴史なんて勉強しても意味ねーよ。とか考えてたけど、今じゃ過去の偉人の言葉や功績とか色々学んでみたい。
「温故知新」って大事だなーって最近思います。
まぁ、昔からちゃんと勉強してればよかったんだろうけどねー・・・w




あと、日本に帰ってきてから気のせいかちょっと皆と考え方や価値観がずれた気がする。。。
なんかみんな「人にどう見られるか」を気にしすぎー!!って切に思う。
地位・名誉・お金・外見とか気にしすぎなんじゃないかなーって。

そんなことよりも人間中身でしょう!!!!
本当に中身が素晴らしい人は尊敬できるし、まぶしく見える。
でも、たくさんの人がそんな中身をすっ飛ばして見た目のかっこよさとか年収、地位とかそんなものに目が行っているんじゃないかなーと。
もちろん僕だってお金もほしいし、かっこよければいいけど中身がボロボロだったらいくら見た目が良くても絶対ダメになる。
だって必ず周囲の信用を得られないんだもん。
正直、中身ができていない人が外見ばっか気にしたり、お金のことを自慢したいりしてるとイラ~ってする。



ま、つまりいろんなことを例年以上に考えることが多かったのが2008年。
だからこそ成長もできたと思う。

そんな2008年ももう終わってしまった。



さてさて2009年はどんな年になるのか。
4月からは遂に働けます!
念願の社会人です!!
本当にどうなるんだろうなぁ~♪


あ、早く目標考えないと!
一応、「毎月1回は苦労して心から褒められる」ってのにしようかと思ったけど。。。。もうちょっと考えますw

Index of all entries

Home > 2009年01月

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。