Home > 2008年03月09日

2008年03月09日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

How much can I devote to developing countries...?

今日友人に誘われて社会企業家フォーラムに行ってきたー。


そして結論。

自分はまだまだ甘い。



国際協力をやりたい。
貧しい人を世界から救いたい。
みんなが平等に笑える世界を作りたい。

そんな風に思ってた僕。
ただ、思っていた僕。
いや、少しは行動に移したつもり。

でも、まだまだ甘い。


今日出会った人は、国際協力への思い、貧困者への思い、カンボジアへの思いが半端じゃなかった。

何ができるのかじゃなくて何をしなければいけないか。
僕も同じように考えていた。


本気で自分のすべきことを考えて、自分でその道を切り開いた彼女。



帰国後、よくアフリカでボランティアしてたんですよー、とかいうとだいたいの人が
「アフリカは貧しいもんねぇ~。」
「アフリカはかわいそうだよねぇ。」
そんなうわべだけの感想しか言わない。

もちろん人それぞれに興味があって、貧困問題に詳しい人そうでない人がいる。
詳しい人はそれなりに答えられるかもしれないし、そうでない人は答えられないだろう。
ただ、問題はその人が真剣に耳を傾けているかどーか。
うわべだけアフリカを貧しいと決め付けている人。
何も考えずにアフリカがかわいそうと決め付ける人
それを聞いていつもイライラしていた僕。
それを聞くたびに「あなたは何でアフリカが貧しいと思うんですか?」「何でかわいそうだと思うんですか?」と聞きたくなる。


でも、今日出会った人の話を聞いて僕の行動なんてまだまだ甘い。
その人から見たら僕なんて上にできてきた人と変わらないかも。。。

僕とは覚悟が全く違ったんだよねー。
途上国のためにマクドナルドで毎日3年間働けますか?
途上国救うために借金を背負ってまでやれるか?
周りの人全員から「お前には無理」といわれてもまだ立ち上がれるか?
途上国のために親に勘当されかけても耐えられるか?


彼女の場合は例外なのかもしれないけど、本当に途上国のことを思っているんだなと思った。

さて、僕はどれくらい途上国のために人生をささげられるのか。。。




最近ブログがシリアスなものばっかになってきたー。
まぁ時期が時期だけに仕方ないけどねw
それにブログって自分がこのとき何を考えていたかを思い出すのに使えるしね☆
これから1年後、あの時こんなこと考えていたんだーとかね。
そんなことでこれからもちょっと真面目なトピックが増えるかもねw

Index of all entries

Home > 2008年03月09日

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。