Home > 2007年06月

2007年06月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

アフリカ発上陸!!

いや~~、遂に来たね、アフリカ。
念願のアフリカ!
思わず飛行機から降りた第一歩を写真に収めちゃったじゃないかw


アフリカに来てまず思ったこと。
みんなが思いっきり現地語を話してて驚いた!
特に南アフリカって言ったらみんな英語を話してるってゆーイメージあるじゃん??
でも、みんな現地語ばっかり話してて、白人の話かける時だけ英語を使ってた。
でも、よく考えたら当たり前のことだよね。
イギリスに強引に植民地化されて、英語がもたらされただけであって、もともとの言語はそれぞれある。
僕のイメージは南アフリカ人は英語のネイティブスピーカーだと思ったけど、今は変わって彼らにとっても英語は第2とか第3言語に当たるんじゃないかな??ってさ。
でもね、彼らみんな少なくとも3言語は話すみたい・・・w
3言語はなす人も
「私3つしか話せないのよ~」とか言って、恥ずかしがってたしね
ちなみに生まれて初めて11言語話す人を見ましたw

あと、南アフリカの黒人の多さに驚いた!
この黒人の多さで昔のアパルトヘイトの差別を考えると、一体どんな国だったのか想像がつかない…。
僕が見てきたなかで90%以上は黒人だった気がする。。。
これほど多くの人々が差別され続けていた国って・・・。とつくづくと考えさせられた。

まだまだ、他にも思ったことはあるけど、おなかが減ったのでもう部屋に戻ります~。

明日はNampulaまで飛行機で飛んで明後日に目的地Itcukoに着く予定。
もうすぐプロジェクトだ!

頑張るぞ☆

いざ、アフリカ!

ほぼ不可能に近いと思われていた、fundraisingも奇跡的に終了。

そして、遂に明日アフリカへ発つ。
なんか、あっという間の1ヶ月だったな。
もう、当分アメリカの地を踏まないと思うと、変な感じ。
アメリカ自体はそんなに好きじゃないけど、過ごしたメンバーたちは最高な人たちばかり。
そんな人たちと別れるのは辛いけど、これも自分の成長の一歩。

さて、ニカラグアを早めに終わらせて、選択したアフリカ。
希望していた英語圏の国じゃないけど、自分のために新たな言語をな学べると言うのもまた面白いかも。
そんな簡単ではないがw


ニカラグアでは貧困というものだけではなくいろいろなことを学んできた。
仲間の大切さ。
お金というものの価値観。
楽しむ心。
日本の貧しさ。
人の温かさ。
言い出したらきりがない。
やっぱり苦しんだ分だけ、いろいろなものを得てきた。

そして、モザンビーク。
どんな出会いが待っているのだろう?
どんな試練が待っているのだろう?
4ヶ月と言う短い期間で自分に何が出来るのか?

また苦しい日々を迎えることもあるだろうな。
でも、自分が成長した!と感じる時ほど嬉しいものない。
うれし泣きを出来るほどの大きな喜びを得たい!
モザンビークから帰国した日、一体自分はどんな人間になっているのか??
乞うご期待!w



そうそう、日本への帰国日が決まりました。
10月6日に成田に着きます。
そこから飛行機か新幹線かバスかなんかで名古屋に戻りまーーーーーす。
出迎え大歓迎だったりしますw
うちの親も来ますがw(あれ?そんなこと聞いてないって??w)

アフリカは本当に田舎の地域で働く予定だから、どれくらいこのブログを更新できるかわからんけど、楽しみに待っててねーー!

んじゃ☆

プロジェクト変更

数日前に急に聞かされたプロジェクト変更。

もともとやりたかったHIV/AIDSのプロジェクトを何も言わせず勝手に変えるなんてそうゆう神経をしているんだ??

正直、このプロジェクトにかけていた部分もあって、将来の人生設計の骨組みをなす部分でもあった。
次のプロジェクト、(Child Aid/Cashew training center)にも興味はある。
でも、HIV/AIDSへの興味に比べたら全然劣る…。

しかもfundraisingでシアトルへ行く直前に報告して、何も言わせないってゆーやり方も許せない。

この団体、不満を出せばきりがないほど出てくる。
理不尽なことが多すぎる。
人はみんないいけど、ここのシステムはもうちょっと考えた方がいいのではないか?
「不透明」この言葉が一番似合う気がする。
こんな団体でアフリカのプロジェクトリーダーを勧められても、首をひねるしかないよ。


でも、今回のモザンビークでのプロジェクトでも、こんな僕たちの助けを待っている人たちがいる。
急に変わったプロジェクトだから何も準備はしてないけど、今更泣き言も言ってられない。
ニカラグアでの経験もあるし、頑張るぞ!

Africa is waiting for you!
僕の好きな言葉の一つ。自分を傲慢に見すぎてるかもしれない言葉だけど、途方もない数の人々が僕たちの助けを待っている。
そして、彼らと接する時間も僕は4ヶ月弱という限られた短い期間だ。
今の僕に後ろを振り返っている時間はない。

こんな週末・・・

mixiと同じ内容で申しわけないw
また、今度ちゃんと書きまーーーーす♪


怒涛の週末だったような気がする…。

なんかあっという間に時間が過ぎて現在気が付いたらシアトルにいますw
土曜日の劇を挟んで、何したかをも忘れるほどの忙しさだったたな…。

とりあえず振り返ってみよう。

金曜日。
急なアフリカでのプロジェクト変更を聞く。
自分のやりたいことが出来なくなりショックを受ける。
そして、次の日の劇で、ニカラグアのプロジェクトへの募金を募るため、ムービーとポスターの作成に朝の4時までかける。

土曜日。
朝の8時に最高のメールと共に起床。
中学からの大親友が先日出産し赤ちゃんの写真がメールと共に届く。テンションはあがるあがる!眠気もどこへやら吹っ飛んだw
だが、そんな喜びもつかの間、起きてすぐに近くの町に人を送りに行き、レンタカーを取りに行く。
11時ごろに帰って、劇の準備を手伝い始める。
車でCCTGと劇場を何往復もしながら、自分のニカラグアについての準備も進める。

そして、3時ごろに友達の子供の誕生日パーティーに参加。
でも、長居は出来なかったので30分くらいで帰り、再び劇場へ。

5時ごろ。劇開始。
僕はアクターとしては出なかったが、みんなすばらしい演技をする。
中には涙を流していた人もいると聞く。
そして、その後の僕のニカラグアに関するムービーの上映。

まぁ、評判は悪くなかったんじゃないか?
そして、募金をもらい、金額とは関係なしに、喜ぶだーりょ。

その夜。
この数週間、一緒に楽しく過ごしたメンバーとのお別れ。
でもそこはだーりょらしく笑顔で別れる☆
そしてその後。。。次の日に、CCTGを去るため、恐怖のパッキングの開始。
なかなか進まない。
いろいろ話してあっという間に時間が過ぎ、とあるところからも電話がかかって、寝るのが4時半になるw


日曜日。
おそらく9時ごろに起床。
再びパッキングを開始。
その途中、サザエとのお別れwまた日本で会えることを願う。
昼の2時ごろ、シアトルへ発つ。
それと共に、おそらくCCTGとも永遠のお別れ。
でも、ここでもだーりょらしく笑顔で別れる。
そしてここからロングドライブ。
夜中の1時半にようやくシアトルに到着。
運転中生まれて初めて居眠り運転を経験w
一瞬気を抜いてしまい、ハッと我にかえると、ハイウェイで違う車線を運転している自分がいたw恐ろしい・・・。

今日、月曜日。
朝7時に起床。
朝の8時から9時前まで一日中運転をする。。。

とりあえず、まだ生きてます。
でもやることがたくさんあるのでなかなか寝れそうにないですw

でも忙しいの好きだからいいんだけどねw

じゃ頑張ってきます。

Index of all entries

Home > 2007年06月

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。