Home > 本・音楽・スポーツとか趣味的なこと Archive

本・音楽・スポーツとか趣味的なこと Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「この国を出よ」大前研一・柳井正 著

良書に出会ったので久々にブログを更新。

ご存知、元マッキンゼーアジア太平洋地区会長大前研一氏とユニクロ会長柳井正氏の「この国を出よ。」

この本の内容を一言で言うと、「日本は世界からもっと学べ」ということ。

印象に残った部分は大きく分けると下記の2つ


①経済意識に欠ける政治家
 ・日本はこれまでアメリカの要求をことごとく受け入れてきた。一方、中国はアメリカと真っ向から戦っている。例えば、アメリカは中国製タイヤにセーフガード(緊急優乳制限措置)を発動すると、中国はアメリカをWTOに提訴
 ・日本の政治家は、政治家ではなく、選挙家
 ・シンガポールは国全体が株式会社のように動いている。シンガポールでは政策目的が達成されるとその組織は解体されたり民営化されたりするのが普通。国全体が組織を固定化せず、状況変化に素早くしなやかに対応できる態勢をとっている。
 ・イギリスの「大学授業料の補助」に関する費用対効果への長期的視点と、日本の「高校授業料無償化」という選挙票目的の短期的視点
   

②日本の教育体制への批判
 ・競争がないと進歩は生まれない。しかし、日本の教育は競争を避けようとしている。
 ・グローバル化の今、答えがないものに取り組まなければならないが、今の教育は文科省の指導要領に沿って答えを生徒が覚えたかをチェックするだけ。すべて答えがあることが前提。大前氏の言葉を抜粋すると「21世紀の教育の目的は、答えがない世界で果敢にチャレンジして世界のどこに放り出されても生き残っていける人材を生み出すことである。そういう人材を何人育成できるかせ今後の国力が決まってくる。」


多くの部分が共感できたし、僕と同世代や今の大学生の人たちにどんどん読んでもらいたい本だと思う。

最近大前研一氏に注目しているんだけど、この人の脳の中身を見てみたいな~とつくづく思う。
どんだけ頭いいんだろうなぁ

BLUE GOLD

昨日、渋谷のUPLINKという映画館で「Blue Gold」という映画を見てきた。

内容は、「水」戦争の世紀という本をもとに作成されたドキュメンタリーで、水が将来枯渇する危険性を危惧し、また民営化される水道事業の恐ろしさ、そして今後貴重な水をどのように確保していくかを考えさせる作品。

「環境問題や貧困問題は、ある特定の被害者がいる。しかし、水がなくなれば人類すべてが被害者になる。お金持ちも貧乏人も、権力者も一般市民も、地位も名誉も一切関係ない。これは地球全体の問題だ。」
この言葉は非常に説得力があった。

このBLUE GOLDというタイトルも興味深い。
昔、20世紀が石油の奪い合いになるという旨のBlack Goldというドキュメンタリーがあった。20世紀が石油(Black)ならば21世紀はBlue Gold、水(Blue)の奪い合いになると訴えたタイトル。

21世紀には、水は投資の対象になる。石油や穀物のようにマーケット上で売買されるという。


このドキュメンタリーを見て、感じたことは2つ。

①水を確保するためには、水ビジネスを発展させることではなく、水の需要を減らすこと。
 
 今まで、水ビジネスに関する記事や本は多少読んできたが、基本的なスタンスは「水需要を満たすために、海水を淡水化し、人類が使用できる水量を増やす」もしくは「日本企業の水ビジネスは、まだまだ脆弱で、水メジャーが世界で大きな勢力を発揮している水道の保守・管理事業に進出しなければならない。」といったもの。
 まぁ、要は水ビジネスをもっと発展させていけ!という内容だけど、一般市民の水の確保という観点から考えるとこの水ビジネスの発展は一般市民の首を絞めることになる。

 公共事業であった水道事業が民営化(ビジネス化)したことにより、これまで多くの国で水道料金が跳ね上がった。なぜなら、企業は利益を追い求めて投資に見合った利益を上げなければならない。水道事業は大体都市を一括で受注するため、市場原理も適応されない。ということで、結果的に民営化で苦しむのは水の高騰で十分な水を確保できない一般市民。
 事実、水メジャーの水道事業進出により世界の様々な都市で水価格高騰に対する暴動が起こっている。
 
 では、将来の水を確保するために何ができるのか?
 それは、水需要の抑制。一人ひとりが使う水を少しでも減らしていけば水の確保は可能になる。人口抑制も1つの案。今後も人口は途上国を中心に爆発的に増える予想されるため、水はさらに必要になる。その人口を抑制すれば、水に対する需要も減るだろう。(まぁ、人口が減れば経済成長も抑制することにはなるが。。。)
 需要があるから、そこにビジネスが存在するわけで、そもそも淡水が不足するという危惧(逆に言えば淡水に対する需要)が減れば、ビジネスを成り立たず公共事業として国を中心に国民のために事業を進められるでしょう。


②貧困から脱するにはやはり経済成長は必要。

 この前、途上国は本当に経済発展する必要があるのか?という議論をしたんだけど、個人的にはやはり経済成長は必要なのかなと思う。(もちろん、要否の最終的な判断は現地の人々が下すというのが大前提。)
 経済成長できなければ、国際社会の中で発言権は小さく、大国の意思のままで国際政治が進んでしまう。最近中国があれほどへ発言力を付けてきたのは爆発的な経済成長を遂げているからだと思うし。
 今回、水道事業の民営化で暴動があった都市のうち多くが途上国だった。やはりそれは経済的にまだ脆弱で経済大国のやりたいようにやられた結果だった。歴史的に見ても、貧困問題に対する大国の功罪は大きいものがあるし、それは大国の力が強く、途上国の力が弱かったから。
 ま、経済成長するためには政治的安定も必要であって・・・・・・・


これ以上書くわけわからなくなるのでもうやめよう。
要するにこの「Blue Gold」という映画がよかったって話。

あと、このUPLINKという映画館もオススメ。有名映画をやってるわけではなくとてもこじんまりしているけど、ソファがあって結構落ち着けるとこ。

また行こうっと☆

ワインとサルガド

11月19日はボジョレーヌーボーの解禁日。
僕が所属する財務部には、毎年解禁日にフランスの某銀行から結構いいボジョレーが送られてくる。
こういうとき、銀行と取引してていいなって思うよねw
(まぁ、僕自身はほとんど銀行には関わってないんだけど。)

というわけで、解禁日に財務部の有志を募ってボジョレーヌーボーの会を決行。

ワインって今まで結構苦手だったけど、このワインは結構飲めた。
ってゆーか、うまい!!
ボジョレーって全般的に飲みやすいのかな??

ビール/日本酒派な僕にとっては新たな発見でした。



今日はサルガドの写真展に行ってきたー。
アフリカを30年間撮り続けてるジャーナリスト、サルガド。

写真から改めて感じたことは、「人生を楽しめる」ことって幸せなんだなってこと。

紛争地帯から必死に逃げる難民。
機関銃から必死に逃れよとする村人。
食料を求めて必死にさまよう人。

そこに写る人々は皆「生きるために必死。」


一方、日本人や欧米人のような生活にそこそこ余裕が人たちは、「人生をどうやって楽しむか」を考えて生活している。
「生きること」は当たり前の大前提。
その上で、やりたい仕事をしたり、趣味に没頭したり、ボジョレーヌーボーを飲んだり、定年後はどんな人生を送るかを考えたりetc..とどうやって人生を楽しむか考えたりする。

それって本当に幸せなんだぁって思う。

人生をどうやって楽しむか考えることができる人には、様々な選択肢があって、自ら考えて選択できる。

でも、生きるために必死な人たちには、「生きる」という選択肢1つしかない。
自分の人生を彩るものはなく生きるために生きなければならない。
しかも、本人が悪いわけじゃないのに。

やっぱりおかしいよね。

いいぞ!頑張れ!

僕が住む横浜市内には、なんとアピタがある!

アピタというのは僕の地元の町を本社とするショッピングモール。

横浜市内にあるにもかかわらず、名古屋周辺を本拠とするわけだから今は当然「ドラゴンズセール中」

燃えよドラゴンズが聴けて、すごい名古屋が懐かしくなりました。

では皆さんで聴きましょう。

水木一郎の燃えよドラゴンズです。



CSは今日ヤクルトに勝って五分に戻した。
明日も勝ってほしいなぁ~!


あ、そうそう。
今日からゴルフ始めました。
野球も面白いけど、ゴルフもなかなか面白い。

六大学野球

いい曲です。
映画「20世紀少年」の中で、ともだちに支配された世界で人々が心の支えとして聴いていた曲。
映画第3章の最後で、この曲を歌うシーンを感動したなぁ。




映画の中でケンジが歌っていた曲の原曲がこれみたい。
ちなみにケンジの歌はこれ
ちょっとカッコよくなってるね♪






あ、どうも。
お久し振りです。w
久々なブログです。。。


今日、六大学野球野球見てきたよー。
いわずも知れた、早稲田、慶応、立教、明治、法政、東大の6校が争うリーグ戦。
今日観戦したのは早稲田vs明治、慶応vs法政戦。

1300円を払って案内された席からこんな風に試合が見れました。

2009092713330000.jpg

めちゃめちゃいい席でしょ?
バックネット裏ってこんなに見やすいんだねぇ。
大学野球はプロに比べてかなり安い一方で、結構なレベルの野球を見れるからいいね☆


試合も結構白熱して面白く、一塁側・三塁側の席にも隠れてお邪魔してみました☆

IMG_1544.jpg

IMG_1547.jpg


そこで、注目したのが各校の応援のすごさ。
もちろん、応援団やチアリーダーの頑張りもあるんだけど、それ以上に観客(おそらく各校の生徒とOB)の一体感がすごい!!
若い人から年配の方、男性から女性までみんなからだをはって踊って、大声出してと母校をものすごく応援しているのです。
自分が好きなプロ野球チームでも皆あんなに一緒になって応援することないと思うのに、やっぱり自分の学校ってゆうものには何がしかの誇りとかあるんだろうね。
僕も、我がN大学をバカにされるとイラっとするときあるしね。
(でもあんなに体を張って叫ぶことができるかどうかは怪しい。。。w)

とにかく、ひとりだと絶対にあんなことできない気の弱そうな人も含めてみんなめちゃ「倒せ倒せ、法政!!」などと叫んでてすげーと思った。


全体主義って現代の世の中に起こりうるのか?というテーマで、最近ちょっとファシズムについて考える機会があったんだ。
僕も最初は今の世の中でヒトラーやムッソリーニに代表される全体主義なんておこるわけないじゃんって思ってたけど、今日のあの応援の一体感を見ると人って案外簡単に全体主義に組み込まれちゃうかもなって思ったりもした。

母校を真剣に応援する人は、その母校の勝利を目指して一体となって突き進む。
ただ僕みたいなその学校と関係ない人たちは、何であそこまで熱狂的に応援するんだろうと理解できない。

当時のナチスも、反ユダヤ主義に向けて一体となって突き進む。
ただ、周辺諸国は何やってんだ?と呆れている。

ナチスとかと比べるにはレベルが違うかもしれないけど、今日のあの応援も立派な全体主義だなぁと思った。
そして、人間ってちょっと恐ろしいなと思った日でもあったかな。


というかこんな堅い話じゃなく、大学野球がどんなに面白いかを伝えたかったんだけどなぁ。。。w
ま、いーや。

今度早慶戦見にいけたらイイなぁ~。

Index of all entries

Home > 本・音楽・スポーツとか趣味的なこと Archive

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。