Home

Cry for Joy!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「この国を出よ」大前研一・柳井正 著

良書に出会ったので久々にブログを更新。

ご存知、元マッキンゼーアジア太平洋地区会長大前研一氏とユニクロ会長柳井正氏の「この国を出よ。」

この本の内容を一言で言うと、「日本は世界からもっと学べ」ということ。

印象に残った部分は大きく分けると下記の2つ


①経済意識に欠ける政治家
 ・日本はこれまでアメリカの要求をことごとく受け入れてきた。一方、中国はアメリカと真っ向から戦っている。例えば、アメリカは中国製タイヤにセーフガード(緊急優乳制限措置)を発動すると、中国はアメリカをWTOに提訴
 ・日本の政治家は、政治家ではなく、選挙家
 ・シンガポールは国全体が株式会社のように動いている。シンガポールでは政策目的が達成されるとその組織は解体されたり民営化されたりするのが普通。国全体が組織を固定化せず、状況変化に素早くしなやかに対応できる態勢をとっている。
 ・イギリスの「大学授業料の補助」に関する費用対効果への長期的視点と、日本の「高校授業料無償化」という選挙票目的の短期的視点
   

②日本の教育体制への批判
 ・競争がないと進歩は生まれない。しかし、日本の教育は競争を避けようとしている。
 ・グローバル化の今、答えがないものに取り組まなければならないが、今の教育は文科省の指導要領に沿って答えを生徒が覚えたかをチェックするだけ。すべて答えがあることが前提。大前氏の言葉を抜粋すると「21世紀の教育の目的は、答えがない世界で果敢にチャレンジして世界のどこに放り出されても生き残っていける人材を生み出すことである。そういう人材を何人育成できるかせ今後の国力が決まってくる。」


多くの部分が共感できたし、僕と同世代や今の大学生の人たちにどんどん読んでもらいたい本だと思う。

最近大前研一氏に注目しているんだけど、この人の脳の中身を見てみたいな~とつくづく思う。
どんだけ頭いいんだろうなぁ

目に見えるものと目に見えないものの差

昨年の大みそかに、僕はエビの踊り食いを経験した。

僕の目の前に出てきてた時はすでに瀕死状態の海老ではあったが、残り少ない体力を使って必死にもがいていた。

そして僕の口が海老を噛もうとするその瞬間、その海老は最期の力を振り絞って体をしならせた。

驚いた僕は、海老を思わず口から吐き出した。

その時、生命の力強さと食べ物の大切さを学んだ。

海老の生きたいという想い、そしてその想いを汲んで食べるということの大切さ。


でもそんなことを感じるのはなぜだろうか?

それは、瀕死状態の生命が目の前に見えているからではないか。



話は変わって、企業の話。

国内では人を切らない会社が、海外ではその企業の都合で人を切っては雇い、切っては雇うという身勝手さ。

日本人と外国人。

同じように必死に生きて、同じように家族を持って、同じように笑う。

全く同じ人であるにもかかわらず、この扱いの差は何なのか?

その違いは?

もちろん、制度上の問題や日本の国益の問題もある。
それだけだろうか?
当事者の目に映っているかどうか、つまり目の前にいるかいないかの違いが大きな要因の1つではないだろうか。



海老の話に戻ると、必死に生きている海老を目にした自分は、生命の強さと食べ物の大切さを実感した。
もし、あれがすでに調理された海老だったらどうだろう?
刺身や海老フライだったら、僕は生命の強さと食べ物の大切さを実感していただろうか?


目に見えるものと目に見えないものの間にこんなにも差があるのか。


だから日本から遠いアフリカでもがき苦しんでいる人達はこんなにも軽視されるのか。

2010年

  • Posted by: Da
  • 2010-12-31 Fri 22:06:12
  • 日記
今年も残すところ数時間。
紅白を見ながら日記を書いています。

【2010年の目標】
1.簿記2級取得とIFRSの勉強
2.本を少なくとも50冊は読む
3.いろいろな人と出会い、話して今後の方向性を考える/定める


2010年の目標はぼちぼち達成できたか。

1.簿記2級取得とIFRSの勉強

簿記2級は取得。
おかげさまで仕事に役立っています。簿記とっていなかったら、今の職場ではもっと大変だったろうなぁw
IFRSは、もっと勉強しないと。
一応勉強はしているけど、まだまだ。
管理会計についても全然知らないくせに、とか言われそうだけど並行して勉強していきます。


2.本を少なくとも50冊は読む

数でいえば、50冊はよんだはず!
でも本って量じゃないんだよなー。
良書をどれだけ読んで、そこからどれだけ学んで、自分の中に吸収できるか。
そこが僕にはまだまだ出来ていない。
だから来年はその部分も考慮して本を読んでいきます。
良書は繰り返し読んで勉強していこう!
まだまだ読みたい本たくさんあるんだよなー♪

3.いろいろな人と出会い、話して今後の方向性を考える/定める

2010年もおかげさまで本当にいろんな人に出会えた。
皆ありがとう。いい出会いがたくさんあった。
東京から大阪へ引っ越したけど、大阪における出会いも素晴らしかった。
今後もどんどんいろんな人にあっていきたい。
今後の方向性に関してだけどちょっと方向性が見えてきたかな。
僕はやっぱり人に考えるきっかけを提供したいのかなと思う。
だから来年は1つ挑戦してみます。
ということで来年は行動だ。



この世に生を受けて四半世紀、25年がたちました。
両親や恋人、友達、僕と出会ってくれた人びとすべて、そして僕がかかわったモノのすべてに感謝します。年は
そのすべてがあったからこそ、今の僕は存在します。
楽しいこと苦しいことたくさんあったけど、そのどれか1つが欠けても今の僕は存在しなかった。
それぞれが僕を形作るパズルのワンピース。
「世の中に起こるすべてのことに意味がある」このモットーで今後も感謝しながら生きていきます!

2011年も皆さんよろしくお願いします!
2011年の目標はまた記載します☆

では残り少ない2010年を楽しんで♪

崖っぷち人生

ふっと振り返ると僕って結構ぎりぎりの人生を送ってるなーと思う。

偏差値50ちょっとの高校時代。
テスト前以外は全然勉強なんてしなくて、授業は基本的に寝ていた。
バッ!っと起きたら先生が変わっていることもあった(つまり、休み時間中も爆睡。。。)
そんな僕が迎えた大学受験。
部活を引退してから朝は早く学校へ行って、帰りは遅くまで残って勉強し続けた。あの頃は本当に勉強した。
(こういう1つの目標を決めたらその目標に向かって突っ走れるのことは僕の長所だと思う。)

そんなに勉強して入学できた大学が、我らがN大学。
早稲田や東大など日本の一流大学と比較したら大した大学ではないけど、僕の中ではかなりハードルの高い大学。
模試を受けても、N大学へ受かる可能性はかなり低いという状況だった(合格圏ランクでいえば、CやD)。
でも、やってみたらラッキーもあり見事入学できた。
第一希望の大学ではなかったけど、うれしかった。
(国公立と私立だから正確には差を計れないけど、第一希望の大学より偏差値は高かったかも。笑)


そして、いざ入学。
僕から見るとみーーーーんな頭いい。
かしこい人が多かったなー。
僕なんかが入ってすいません!と思うこともしばしば。
しかも、人一倍勉強が遅れているにも関わらず、部活にもバイトにも手を出して、てんてこ舞いになっていた。

そんなギリギリの状態でなんとかテストをやりくりして、迎える3年生の夏。
僕は世界へ飛び立った。
途上国を見たい。経験したい。という思いだけで、何の知識も実力もない僕が日本を飛び出した。
アメリカに着けば英語全くわかんないにも関わらず、プレゼンやら路上募金活動やらいろんなことをやった。
ニカラグアに着けば、今度はスペイン語に苦しみながら現地の人と開発プロジェクトに参加した。
モザンビークへ行けば、今度はポルトガル語に悩まされながらもプロジェクトを立ち上げたりした。

この時期は世界とそして世界の優秀な人々と接して、本当に自分のふがいなさを毎日痛感させられた。
ギリギリの状態だった。


そして、僕は社会へ飛び出した。
入社した会社は世間でいう大企業。
同期は、旧帝大はもちろんのこと、早稲田、慶応、海外大学、有名大学大学院出身などとんでもない肩書の持ち主ばかり。
僕がこれまで住んでいた世界にはいなかった人が僕の目の前にいた。
そいえば、東大の人と初めてちゃんと話したのは会社の同期が初めてかもなー笑

別に学歴なんて関係ない!と思い仕事を頑張っていたが、やっぱり賢い人は賢い!(もちろんそうでない人もいる。笑)

何でこんなに簡単に、物事を記憶できちゃうのだろう?
何でこんなに簡単に、抽象的な事柄を単純化できるのだろう?
何でこんなに簡単に、たくさんの事象をまとめられるのだろう?

信じられない人が多い。。

前の部署にもかしこい人は多かったが、今の部署は特に凄い。
何で1年違うだけで、こんなに差があるんだ!と毎日感じざるを得ない。。。


僕は常に自分の力以上の人々が集まる環境にいる気がする。
これは本当に幸せなことで自分がどんどん成長できるということ。

だから、大変だけど今の環境にも負けず頑張ってさらに自分を磨きあげていく!
そして今後もこんな風にがけっぷち人生でありたい。
優秀な人からはどんどん吸収して自分を伸ばしていくぞ!

2010年も残すところ2か月

  • Posted by: Da
  • 2010-10-31 Sun 22:51:52
  • 日記
相変わらず全く更新していないブログ。
いろいろ書きたいことはあるんだけど、ツイッターという手軽に書き込めちゃうツールを得てからはどうしても楽な方に行ってしまうダメな僕。

それにしても10月はいろいろあったなー。
濃かったなー。

まず、仕事では初めての半期決算を経験!
走り回ったりしてドタバターってすると思ったけど、そこは経理らしくエクセルとにらめっこいして地味ーーーにドタバタしてた。
そして、気がつけば億単位の損を自分で計算することに。。。
エクセル1つであんなに金額が動くとは。

そんなドタバタの中で、タイミングがいいのか悪いのか(悪いだろ!)トロント時代の友人が台湾からやってきた!
5年ぶりの再会かな?
住吉大社や通天閣、道頓堀とか王道を案内。

前から告知していたように911に関する上映会を開催!
準備が半期決算とかぶってなかなか大変だったが、やってよかった。
考える機会を提供したいということが目的だったけど、会場の学生から「今まで考えたこともない平和について考えるきっかけになりました」との発言が。
この発言を聞いたときはうれしかったなー。
また、こんな場を作りたい。(計画はあるのだが。)

同期とラフティングにも行った!
これは単純に楽しかった。ちょっと寒かったけどすげーーーー楽しかった!
年に1度は行きたいな。
次は激流吉野川に挑戦だ。

昨日は1日早いハロウィンパーティ!
気がつけば、いつのまにかガチャピンの気ぐるみを着せられていた。。。
その格好で魔女やゾンビ、白雪姫とともに買い物へ行き、周囲の視線を集める。
関西で面白いことをやっている人がたくさん集まったパーティでもあったからもっと語りたかったけど別の約束があったので帰宅。残念。


以上10月のダイジェスト。
他にもいろんな人にあったし、いろんなことがあったけど、まぁいいや。w



次に2010年の目標進捗状況です。

2010年目標は下記の3点

1.簿記2級取得とIFRSの勉強
2.本を少なくとも50冊は読む
3.いろいろな人と出会い、話して今後の方向性を考える/定める


1.簿記2級取得とIFRSの勉強

簿記2級は取得!直前で頑張ったのでどこまで身に着いたかは怪しいが。
IFRSに関しては、本とか雑誌とか読んだりはしてたが、今はIFRSよりも管理会計をもっと理解するように頑張っております。
今の仕事に直結する分野だからね。


2.本を少なくとも50冊は読む

今何冊読んだんだ?笑
2月末時点では8冊
http://cryforjoy.blog106.fc2.com/blog-entry-168.html
4月から10月までは34冊。(雑誌もちょこちょこ含まれているが気にしないw)
http://book.akahoshitakuya.com/u/59710

3月に何冊読んだか覚えてはいないが、3月を考慮しなくても41冊。
まずまずのペースでしょう。
ただ、読書数にとらわれるのではなく、その本から何を学んだかが一番重要ということは常に意識しています。


3.いろいろな人と出会い、話して今後の方向性を考える/定める

あいかわらずいろんな人に会ってる。
東京にいたころに比べたら減ったかもしれないけど、関西にもいろんな人がゴロゴロいる!
今後の方向性はまだふらふらしているけど、これからもいろんな人に会いに行くぞー。



ということで今年も残すところ2か月。
全力投球じゃい!

Index of all entries

Home

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。